So-net無料ブログ作成

お騒がせ俳優『ブルーノ』サシャ・バロン・コーエンが巨匠スコセッシ監督作に出演!?

写真拡大『ブルーノ』のサシャ・バロン・コーエン(C) 2009 MRC II Distribution Company LP 映画『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』『ブルーノ』のお騒がせ俳優サシャ・バロン・コーエンが、巨匠マーティン・スコセッシ監督の新作映画『The Invention of Hugo Cabret』(原題)に出演するかもしれない。 本作は、作家ブライアン・セルズニックの「ユゴーの不思議な発明」をベースにした作品。1930年代のパリを舞台に、パリの駅に隠れ住んでいる12歳の孤児ユゴーが、父が遺(のこ)したからくり人形の秘密を探っていくうちに、大きく運命を変えていくストーリー。 サシャはパリの駅の調査員役をオファーされており、オスカー俳優ベン・キングズレーも映画『月世界旅行』などで知られるジョルジュ・メリエス監督役で交渉中とのこと。脚本は、スコセッシ監督の映画『アビエイター』、サシャが出演した映画『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』を執筆したジョン・ローガンが担当。すでに脚本は完成しており、今年の春からパリで撮影がスタートする予定。【関連情報】・映画『ブルーノ』オフィシャルサイト・映画『ブルーノ』写真ギャラリー・お下劣過ぎるので秘かに展示…お子様お断りの衣装展が劇場で!・スティング、U2のボノら一流アーティストが『ブルーノ』版「We Are The World」に参加!・下品すぎ!ウクライナで上映禁止に!サシャ・バロン・コーエンの『ブルーノ』

世田谷区にソーラー駐車場!三洋が「エネループ バイク」100台を納入

写真拡大ソーラー駐車場  写真一覧(4件)  三洋電機は16日、東京都世田谷区に太陽電池とリチウムイオン電池を組合わせた「ソーラー駐輪場」と、電動ハイブリッド自転車「エネループ バイク」100台を納入したと発表した。 ソーラー駐車場は駐輪場の屋根に取り付けた太陽電池で発電した電気を蓄電し、電動ハイブリッド自転車の電池に充電したり、駐輪場の照明を賄うもの。世田谷区が運営する、京王線桜上水駅と東急田園都市線桜新町駅の駐輪場屋根にHIT太陽電池7.56kWを設置し、「エネループ バイク」100台分の充電と駐輪場のLED照明の電力として使用する。 「エネループ バイク」は乗ったまま発電・充電することのできる回生充電機能を搭載したエネルギー循環型の電動ハイブリッド自転車。100台が桜上水、桜新町に加え、小田急線経堂駅の駐輪場3ヵ所で、コミュニティサイクルとして活用される。■関連ニュースエコ電池のエネループに2千回使える姉妹モデルが登場三洋、iPhoneへの安定供給が可能な携帯電源のBEAMSコラボモデルキングジム、デジタルメモ「ポメラ」の上級モデル三洋、iPhoneへの安定供給も可能なスティック型のエネループ電源マイクロソフト、BlueTrack テクノロジー採用のワイヤレスマウスなど新製品7モデル

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。