So-net無料ブログ作成
検索選択

東京消防庁に東久留米市も=35年ぶり消防事務受託(時事通信)

 東京消防庁は1日、東久留米市の消防事務を受託した。同庁は本来、23区が管轄だが、装備充実や人事弾力化などのため、都内自治体からの事務受託で広域化を進め、ほぼ都内全域を実質的に管轄している。同庁によると、事務受託は1975年の多摩市以来、35年ぶりという。
 都内で島しょ部を除き、自治体単独での消防本部体制を維持しているのは稲城市だけとなった。同市消防本部は「今後、10年程度は市単独で対応できる」としている。
 事務受託により、旧東久留米市消防本部は同庁東久留米消防署となる。職員は同庁が引き継いだ上、異動などで約20人増員される。これまで2交代制だった勤務が3交代制になり、職員の負担軽減になるほか、火災、救急時の出動人員や投入車両なども充実する。 

「介護保険の公費60%に」―市民団体が厚労相に要望書(医療介護CBニュース)
<威力業務妨害>運動場に無断でミカン植える…容疑の男逮捕(毎日新聞)
政権交代後初の日医会長選、原中氏が勝利(医療介護CBニュース)
送迎バス事故 30秒間、蛇行運転 500メートル手前で体調急変か(産経新聞)
病腎移植3例目はじまる 愛媛・宇和島徳洲会病院(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。